薬の飲ませ方(Up 2007/4/14)

   粉薬だと、飲み残しがあったり、苦くて飲んでくれないことがあります。錠剤だとのみ残しがなく、確実に薬を飲ませることができます。でも、飲ませ方に苦労したことはありませんか。飲ませたつもりでいても、口に含んでいるだけで後からこっそり吐き出していたり、飲ませ方がうまくできずに苦い薬で泡を吹いたり。慣れてしまえば何でもないことですが、最初は手探りです。初めての方に、参考になれば幸いです。

 桂ちゃんにご協力願いました。一人で、猫に錠剤を飲ませる方法です。(利き手が右手の場合)

1)錠剤を用意する。錠剤を最初から右手に持つか、近くに置いておく。


2)さりげなく猫の後ろから近づき両脚の間に固定。

3)猫のあごのあたりに左手を持っていき、頭をそらせる。

(頭をそらせると猫の顎が自然と緩くなり開けやすくなる)
 

4)そのまま左掌を滑らせるように(顔面を覆う感じ)、親指人差し指などで上あごを開かせる。
**このとき、喉をまっすぐにのばすのがコツ。


5)4)と同時に錠剤を喉の中央に落下させる。
右指で喉の中央に落とすように置き、猫の舌を軽く押さえると錠剤が落ちます。
 

6)すぐに顎を閉じさせます。
ただし、喉をそらせた状態でするのが大事。

7)顎を閉じさせるのと同時に、鼻に息をふっと吹きかけます。


**このとき喉をそらせた状態のままでないと失敗します。
**息を吹きかける理由は、ごっくんしやすくなるからです。また、そちらに意識が行くので、一瞬で終わらせるのによいです。
 

8)最後は、左手で喉をそらせたまま、右手で喉を上から下へなぜ降ろします。
この時には、声をかけてあげるとよいです。


**錠剤がのどに引っかかっている異物感を少しでも軽減するためのものです。
**喉をさすられることで、次回のお薬タイムへの抵抗感も軽減されます。
 

上級 技

錠剤を割って投与しなければならない場合があります。このとき、苦くない薬ならいやがらないのですが、苦い薬の場合、割れ目が舌につくだけで、泡を吹いていやがったりすることがあります。そういう場合は、前もって割れ目部分にジェル状の栄養剤(フェロビタなど)を薄く塗っておくといやがらず飲み下してくれます。


©1997-2009 Shinobu Oda (Ashley) All rights reserved.